実は意外な盲点!?一元管理のメリット、デメリット

複雑な作業を効率化!ネットショップ一元管理のメリットとは

ネットショップを運営していると、受注から始まって、在庫管理、発注業務、配送業務、集計や分析、書類作成と非常に多様な業務をこなす必要が出てきます。1人1人の顧客がどのステージにいるのかを把握し適切な対応をしなくてはなりません。加えて顧客に対するメール発送などのフォローも重要です。複数のモールに出店している場合は、これがさらに複雑化し、それぞれのモールにログインして業務を行うのは非効率的なばかりでなく、在庫が無いにもかかわらず受注を受けてしまうなどのミスにも繋がります。複雑なネットショップ運営業務を一元管理するシステムを導入することによって、効率化が図れミスを防ぎ顧客の信頼を上げることが期待できるのです。

意外な盲点?一元管理のデメリットとは

一元管理システムを導入するにあたっては、自社の運用をきちんと分析し整理したうえで活用することが大切です。やみくもに全ての工程をシステムに載せようとすると、余計な入力項目が増えてかえって作業が煩雑化する恐れがあります。現代では梱包発送業務を専門に扱う業者や、顧客フォローのステップメール専門業者など、ネットショップ関連の業者が多数出てきています。業務内容を分析し一部をアウトソーシング化するほうが効果だという場合もあるのです。また一元管理システムを使えるのがごく一部の人間だけという場合では、その人がいないと業務が立ち行かなくなる恐れも出てきます。一元管理システムは非常に有効なツールですが、導入に当たっては自社に合った利用方法を考えるのが重要と言えるでしょう。

© Copyright Net Shop Management. All Rights Reserved.